六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話・TOEICの上達にお役立てください。

「全米オープン」と英語でいえますか?

test8.jpg

テニスの全米オープンで、惜しくも準優勝となった錦織圭選手。優勝は逃しましたが、グランドスラムで日本人選手としては初の決勝進出を果たし、日本中が大いに沸きましたね。

そこで今回の「全米オープン」と英語でいえますか?を紹介します。「錦織は、日本人のテニス選手として、初めて四大大会の決勝に進出した」は、英語では、”Nishikori became the first Japanese tennis player who advanced to the finals in a Grand Slam event.” と、説明できるでしょう。

「錦織は、準決勝で世界ランク1位のジョコビッチを破った」は、”In the semifinal match, Nishikori beat Djokovic, the world's top-ranked player.” と、表現できます。

「決勝では、チリッチと対戦したが、相手の方が一枚上手だった」は、”In the final, Nishikori had game with Cilic, but the opponent was one notch above him.” と、表現できるでしょう。

今回、テニスの試合の報道で、若くして海外に出て活躍を続ける錦織選手に刺激を受けた子どもたちも多いのではないでしょうか。

次回はぜひ、四大大会で、日本人初の優勝を成し遂げてほしいですね。「全米オープン」に関わる英語表現を紹介します。

【例文を読む】

Nishikori is said to be a fair-haired boy of his coach, Michael Chang.

錦織は、マイケル・チャンコーチの秘蔵っ子と言われている。

Nishikori has become one of the world's top tennis players both in name and reality.

錦織は、名実ともに世界のトッププレイヤーとなった。

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは