六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

「転勤する」は英語でどういえば良いでしょうか。

f:id:rokutanjuku:20170226162845j:plain

「転勤する」は英語でいうと、“be transferred to”.です。

商社などでは海外転勤も多いですね。転勤直前に辞令が出ることもあります。では、ここではシンガポールへ転勤になるを英文にしてみましょう。

シンガポールに転勤になりました)。

“I was transferred to Singapore.” 

来年からシンガポールに住むことになった)

”It has been decided that I will live in Singapore starting next year.”

シンガポールは気候が良く、いつでもサンダルや半パンとTシャツで歩くことができて快適です。語学面はいろいろな国の人がいるので、”英単語”を使った言葉での会話も一般的。英文というより英単語です。

それでは国内転勤の場合の例文(英文)を紹介します。英文にしてみましょう。

名古屋に単身赴任した)。

“ I left alone for my new post in Nagoya.” 

東京支店長に栄転した。

”I was promoted to manager of the Tokyo Branch.

予告もなく突然子会社へ飛ばされることもありますね。そんな例文は次のようになります。

予告もなしに、子会社へ飛ばされた)。

”I got transferred to a subsidiary without notice.”

しかしながら移動してみたら、実際居心地が良くて仕事もやりがいがありなんだか良かった!というケースもあるもので不思議です。”釣りバカ日記”の浜崎さんを思いだしてしまいますが、趣味を楽しめる環境が整っていたというケースもあるようです。転職も「転機」として前向きにとらえてみたいですね。

趣味が充実していれば、仕事にも力が入る。

”If a hobby is substantial, power begins work.”

仕事も家庭も充実している)。

I am fulfilling both life at work and life at home.

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは