六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

「引き抜かれる」と英語でいえますか?

「引き抜かれる」という言葉いろいろな表現で使いますが、今日は、ビジネスに関係した言葉をご紹介します。

「引き抜かれる」は英語にすると、“be picked”.です。英文にしてみましょう。” It is pulled up to the other companies”.となります。

例えば、優秀な者は高待遇を提示されて他社に引き抜かれる場合もあります。これを英文にすると、“Sometimes other companies propose better salaries and better working conditions to our employees for headhunting.”となります。

引き抜かれて転職する場合、転職者が多い企業をお勧めします。その理由は、転職者が少ない会社はいくら優秀で引き抜かれても職場のカラーになじめないことがあるからです。その様な会社は、新入社員時から皆が同じ研修を受けてきています。転職者はその部分はすでに知識として身に着けているとみなされると考えていた方が間違いないです。海外で言えば、多人種が多い国には文化もさまざまで暮らしやすいというわけです。

彼は転職について考え直した。

“He thought twice about changing his job. ”

彼女は転職を考えている。

“She's contemplating a job change.”

彼は新しい仕事に転職した)。

“He has moved (on) to a new job. ”

笑顔のまま転職できれば良いですね。

今日では、ますます多くの人がよりよい給料とより高い地位を求めて転職していますね。これを英文にしてみましょう。

今日では、ますます多くの人がよりよい給料とより高い地位を求めて転職している。

Today, more and more people are changing jobs in order to get a better salary and higher social status

厳しい情勢の今、同じ職種で転職すると給料面が下がる事も実際です。がしかし、どうしてもその環境を変えたいのであればその自分の心の声を大切にするのも一つだと思います。転職者の皆さま、がんばってください。

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは