六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話・TOEICの上達にお役立てください。

「担当が決まる」と英語でいえますか?

入社して慣れてくると担当が決まりますね。担当が決まる、これを英語でいうと“to take charge of”.です。

例えば、オフィスで担当者が休みの日にその担当者に電話や問い合わせがあったとすしましょう。(今日は担当の中沢が休みです)と伝える時は、“Nakazawa, the person in charge, is off today.”になります。

今日は担当の中沢が休みです)

“Nakazawa, the person in charge, is off today.”

新入社員は、転職者よりも実に大切にしてもらえるものです。それは、最初かすべて学ばせてもらえる環境があるからですね。実地研修もその一つですが、この実地研修を英語でいうと“on-the ?job training”.です。例えば、社内対応の人は、現場(工場)などで働く人の姿を見るだけで、技術、作業の流れ以外にも、ミスの怖さ、連絡、報告の大切さを学ぶことができるものです。

(仲間と一緒に実地研修の特訓を受けた)

“We were given an intensive on-training together.”

この様な実地研修も社員ならではの対応のことも多いものですが、実際に現場で働く人の姿を見るということはとても重要です。どの様なビジネスの場でも現場を知ること、現場を見ることで理解を深めることにつながるようです。職についたら現場を常に見る事を忘れないようにしたいと思っています。

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは