六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

「入社する」は英語でどのようにいえば良いでしょうか?

f:id:rokutanjuku:20170226162845j:plain

「入社する」は、英語にすると“enter a company”です。

現代は、学生の就職活動は、かなり厳しい状況にあります。入社すると配属部署が決まります。(?に配属する)は、英語でいうと、“be assigned to?”。

希望した会社に就職したのは良いけれど、配属部署が希望通りでないことは良くあること。配属部署を選ぶのは職場の人事部。しかし、就職後に転部や移動も期待できます。それでは、就職に関わる英文を幾つか紹介しましょう。

就職して営業1部に配属された。

”I was assigned to Section1 of the Sales Department.

希望に胸をふくらませて入社した)。

“I entered the company swelled with hope.”

就職難の今、おやじのコネも使えない時代ですが。それを英語でいうなら、(おやじのコネを使ってこの会社に入った。)“I joined this company using my dad's influence.”となります。面白い表現ですね。

名詞を渡され、入社を実感した)。

“When I was given cards for myself, I felt I have become a member here.”

ビジネスマンになると不思議とスーツが似合ってくるのと同じように名詞を渡す時のマナーもマスターしておきたいものですね。

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは