六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話・TOEICの上達にお役立てください。

「ごめんなさい」と英語でいえますか?

「ごめんなさい」は英語で言うと、Pardon me. 英文の例で、ごめんなさいーあなたのせいではありませんよ。Pardon me.-It's not your fault.

欧米人は、自分が実際に損害賠償の責任を持たされる心配がないと考える時には、日本人よりも率直に謝罪の意をしますが、その方が望ましいとされる社会に住んでいるからです。

私たち日本人が、悪いと思いつつも謝罪せずに済ませてしまおうとする部分に対しては、欧米人から日本人は礼儀知らずと誤解を招くことがあるので、注意する必要があります。

失礼。は英語で言うと、I'm sorry. 又はSorry.  例文ですが、”失礼”と言ったら相手が”いいですよ”と答える時、”Sorry.””Nothing.”欧米人のごめんなさいを素直に言える習慣は私たち日本人も見習いたい部分ですね。かまいませんよ。と英語でいう時は、It's okay. これも良く使う表現です。

忘れてください。と英語で言う時は、Forget it.今言ったこと忘れてほしい時は、誰にでもあります。その様な時に使いましょう。

なんでもありません。を英語で言うと、It's nothing. さりげなく言いましょう。ご心配なくは、Don't worry. 良くある事ですよ。と英語で言う時は、It happens. どちらの言葉も日常会話で良く使うのでおぼえておくと役立ちます。

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは