六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

「手を貸しましょうか」と英語でいえますか?

「手を貸しましょうか?」は英語で言うと、You need help? この英語表現をおぼえておくとさまざまな場面で役立ちます。

ビジネスシーンでは、デスクや椅子の整理やプレゼンテーションの用意などでYou need help?と声をかけてみる、街で困っている人を見かけた時You need hel?と声をかける、いろいろな場面で使える表現です。

親切な言葉は、心に思っていてもなかなか声が出ない事も多いですが、親切な言葉は是非、積極的に使っていきましょう。

手を貸しましょうか?ーやあ、すいません。これを英語で言うならば、”Can I help you? ?Oh thanks.”手を貸して頂けますか?と相手に助けを求める時(少し丁寧な表現)で聞く時は、”Can you please lend me a hand?” 手を貸す時、貸してもらいたい時の英語の表現方法をどちらもおぼえておくと海外滞在時などでも役立ちます。

お安いご用ですと答える時は、”With pleasure.” とても前向きさを感じる表現です。手を貸して頂けますか?と相手がその場にいなくても、何か力になって欲しいとお願いする場合、例えば、電話などでやや丁寧な表現で聞いてみる場合には、Can you please kindly help me?です。

You need help?  Can I help you? Can you please lend me a hand? 手を貸しましょうか?手を貸していただけますか?この英語表現をおぼえて役立ててください。

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは