六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

usual の意味とは?例文で英語の意味を解説

今回の記事は、「usual 」=「通常の」。今話題にしているものを中心に、他のケースと比較検証しているというニュアンスで使う英単語の紹介です。

「usual 」=「通常の」は、話し手、相手が知っている、認識している通常のケースと比べ「同じ」という表現で使います。「common」と同じ様な意味にも思えますが、commonは、”数々のケースを全体的にみてこのようなことはあちらでもこちらでも起きている”とみるのに対し、usualはあそこやここで以前起きたことと同様のケース(今話題にしているもの)を中心に、他のケースと比較するニュアンスで使う英単語です。「普通」という表現の使い分けに覚えて置くと役立ちます。 “the same as what happens most of the time or in most situations”(ほぼすべての時や状況で起きることと同一の)

以下、例文を幾つか記載します。英語の勉強で読んでみましょう。

 Shaking hands is an usual greeting in Europe and the States.

握手は欧米においては通常の挨拶だ。

This kind of weather is not usual here in Japan.

こんな天気は、ここ日本では通常見られないものです。

greeting=挨拶

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは