六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話・TOEICの上達にお役立てください。

inform の意味とは?例文で英語の意味を解説

英語を楽しもう!六単塾です。今日も英語表現をご紹介します。

今回の記事は「inform」=「正式に告げる」。人に何かを正式に告げるまたは情報を与える時に使う英単語の紹介です。

「inform」=「正式に告げる」は「advise」程ではありませんがビジネス上で良く使われる英単語です。「inform」は「information」の土台になっている単語で「情報を与える」と言う意味もあります。「inform」は個人的なやり取りでの「告げる教える」という場合ではなく会社として必要な情報を与える場合に使う単語です。職務上契約上手続き上業務上立場上与えるべき情報を提供する際に使います。貿易取引でも頻繁に使われる英単語です。覚えて置くと役立ちます。用法はadviseと同じで以下の様になります。

inform 人 of?

inform 人 that ?

以下例文を幾つか記載します。英語の勉強で読んでみましょう。

We will inform you of any changes in the date.

日時に変更がありましたらお知らせいたします。

Customers should be fully informed of the kind of the service they are being rendered.

お客様には自分たちがこれから受けようとするサービスについて十分な説明を受けて頂く必要がある。

Fully =十分にRender=与える

なお英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみると英語が口から飛び出す方法を理解できると思います。こちらの記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほど覚えてしまったコツとは

こちらもどうぞ⇒特別レポート「英会話は6単語でできるんです」無料プレゼント