六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話・TOEICの上達にお役立てください。

hope to の意味とは?例文で英語の意味を解説

今回の記事は、「hope to」「・・・できれば思う」まだ確定していない未来の出来事を想定する時に使う表現です。

【記事の概要】

「hope 」は、安易に「希望する」と訳してしまうのは、おすすめではありません。未確定の出来事を想定する、望むという意味での「希望」です。未来の出来事を未確定だからこそこうなってほしいと希望し、良い結果を待ちわびているような時に、「hope」を使い表現します。「hope 」は、良く使う表現です。覚えて置くとビジネスで役立ちます。

以下、例文を幾つか記載します。英語の勉強で読んでみましょう。

We're hopping that this new line of product will increase our sales.

今回の新製品で売り上げが伸びるものと期待している。

We are hopping to see you sometime next week.

来週のいつか、お会いできればと思っています。

line 商品、product 製品、increase 増える

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは