六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話・TOEICの上達にお役立てください。

await の意味とは?例文で英語の意味を解説

今回の記事は、「await」「心待ちにする」について。「wait」「待つ」のフォーマル的な表現 として使います。

【記事の概要】

「await 」は、「wait」の頭に「a」が付いただけですが、これでかなりかしこまった響きになります。「await」の用法は、形式的な言い方ですから、ビジネスでも普段使いには向かず、誰かのメールを待つ、来訪を待つ、承認を待つという場合には、通常「wait for」,「expect」を使います。「await」は、式典や大きな会合の様な改まった席や形式的な文章、レターなどで良く使います。その様な場所でのスピーチ、司会、発言の機会には、ぜひ「await」を「wait for」の代わりに使ってみてください。「await」は、「wait」と違い、他動詞です。 前置詞などをかませずに、直接名詞を取ることが可能です。

以下、例文を幾つか記載します。英語の勉強で読んでみましょう。

We are awaiting instructions from the committee regarding further responses.

今後の対応について委員会の指示を待っている。

The conference room was filled with reporters awaiting the president's arrival.

会見場は理事長の到着を待つ記者たちでいっぱいだった。

Instruction指示、further さらなる、regarding ?について、conference 会議

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは