六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話・TOEICの上達にお役立てください。

bother の意味とは?例文で英語の意味を解説

「bother」は、「誰かをいらだたせる時」や「人が何かをしようとしている所を邪魔してしまう」時に使う英単語です。その表現方法を紹介します。

【記事の概要】

「bother」は、人をいらだたせて邪魔したり、相手をイライラさせるという意味が重点で、「意図的に困らせる」と解釈します。「すいませんが?」と話かける様な場面では意図的に困らせることは、ない事が殆どですが、「そんなつもりはないのだけれど、もしイライラさせてしまったらごめんなさい。」という意味で使います。覚えておくとビジネスで役立ちます。

以下、例文を幾つか記載します。英語の勉強で読んでみましょう。

I don't want to bother you, but will you help me with the PC,please?

申し訳ないのですが、パソコンの事でちょっと教えてもらえますか?

Can I bother you for a second?

ごめん、ちょっといい? (親しい間柄で)

*for a second は、ちょっとの間

I'm sorry to bother you, but…

I don't want to bother you ,but...など。

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは