六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話・TOEICの上達にお役立てください。

upset の意味とは?例文で英語の意味を解説

今回の記事は、「upset」「誰かに不愉快な思い、心配な思いをさせる」という意味を持つ英単語の紹介です。

【記事の概要】

「upset」は、シンプルに、人を「不機嫌にさせる、心配させる、不安にさせる」意味の英単語です。「Interruptやdisturb」のように、「迷惑をかける、邪魔をする」という直接的な表現ではなく、自分の言動が原因で相手を不愉快にさせる恐れがある時に、ワンクッションを置く為に使う単語です。相手の作業を「中断させる、邪魔する」といったことではなく、「悪いんだけれど」「怒らないでほしいんだけど」という時に、前置きにupsetを使う、前置きとしてではなく、過去に相手に不快な思いをさせてしまった時に謝罪の言葉や気を使う言葉としても使います。「気分を害する」「不機嫌にさせる」「落胆させる」という意味で使える単語です。覚えて置くと役立ちます。

以下、例文を幾つか記載します。英語の勉強で読んでみましょう。

I apologize I upset you the other day.

先日は不愉快な思いをさせてしまってすみませんでした。

We hope that our proposition did not upset you in any way.

私どもの提案でご気分を害されるようなことがないようにと願っております。

turn down 断る、apologize わびる、not?in any way 少しも?ない、proposition 提案

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは