六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話・TOEICの上達にお役立てください。

disturb の意味とは?例文で英語の意味を解説

「disturb」は、人が今している事を続けられなくして、「邪魔をする」、「面倒な思いをさせる」と言う意味の英単語です。

【記事の概要】

「disturb」は、「interrupt」と同義語の様に思えますが、「邪魔をする、乱す」というのがdisturbの基本的なニュアンスです。物理的な邪魔をした上にさらに、気持の面でも面倒な思いをさせる時に使います。大事な話の最中にどうしても相手に話かけなくてはならない時、仕事に集中している人に用事がある時など、邪魔をして、不愉快にさせてしまう可能性のある状況で,disturbを使う事で相手の気持ちに配慮できます。覚えておくとビジネスで役立つでしょう。

以下、例文を幾つか記載します。英語の勉強で読んでみましょう。

I ‘m sorry to disturb you, but you're wanted on the telephone.

お邪魔して申し訳ないのですが、お電話がかかっています。

I hate to disturb you at a time like this, but we're swamped with complaint calls.

こんな時に本当に申し訳ないのですが、苦情の電話が殺到しています。

Don't disturb yourself.

どうぞおかまいなく。(自分の為にあれこれ世話をしてくれようとする相手に向かって)

*be wanted on the telephone=電話で人が欲しがられている、swamp=押し寄せる、complaint call= 苦情の電話

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは