六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

「ごちそうさま」を英語で伝えるにはどう言えば良いでしょうか?

model-334739_640.jpg

「ごちそうさま」を英語で伝えたい時は、”That was delicious.”が使えます。 海外の家庭で料理を作ってもらったら、日本と同じようにごちそうさまを伝えましょう。

「ごちそうさまを英語ではどう伝えたら良いの?」という質問も多いのですが、「ごちそうさま。」は、”Thanks for the meal.”や、とても美味しかったことを英語で伝えたい時には、「今まで食べた中で最高。」という英語表現”It’s scrumptious!”「おいしい。」は、It’s tasty.などで伝えましょう。

例えば、「昨日はごちそうさまでした。」と伝えたい時は、”Thanks for dinner yesterday.” いろいろな場面で使える英語表現なので、覚えて置くと役立ちます。

どうもごちそうさまでした。という表現は パーティーなどの帰りなど別れる時の言葉として使います。”Thank you for having me又はus.となります。

「昨日はごちそうさまでした。」と気さくに伝えたい時なら、”Thank you for the meal yesterday.” も使います。

食べる側は楽しくて嬉しくても、作る方は準備からとても大変です。だからこそ食事をごちそうになったら「ごちそうさま。」を英語でも伝えたいですね。

料理の感想についての表現方法をご参考ください。海外では、味付けの種類が限られるので、しょっぱいなどの表現を良く使います。

【例文を読む】

It’s spicy.

スパイシー。

It’s sweet.

甘い。

It’s salty.

しょっぱい。


なお、英会話フレーズをたくさん覚えるにはコツがあります。詳しくはここを押してください。