六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

「ココアをください」と英語で言えますか?

f:id:rokutanjuku:20180317161553j:plain

六単塾です。今回は「ココアをください」について英語表現をいくつか紹介します。 

海外ではココアの事をホットチョコレートと言うのが一般的です。 

「温かいココアをください」を英語にするとCan I have a hot chocolate.です。 

ココアは完全なる和製英語ではないので、もし英単語Cocoa(ココア)を使って注文する場合はCocoaを”コォゥコォゥ”という発音で注文してみましょう。 

温かいココア(コォゥコォゥ)をください。
Can I have a hot cocoa ?


海外のカフェにはココアが置いてない場合も多いのですが場所によっては置いてあるところもあります。 

メニューにCocoaと書いてある場合は”コォゥコォゥ”の発音で注文します。 

温かいココアをください。
Please give me a cup of hot chocolate.

 

温かいココア(コォゥコォゥ)をください。
Please give me a cup of hot cooca. 

海外で和製英語と知らずに何度も飲み物の名前を英語で繰り返しても伝わらなかった経験はありませんか?  

Cocoa(発音コォゥコォゥ)をそのままココアと発音してしまうと和製英語になり通じません。

好きな飲み物を英語でスラスラと伝えられると気分もいいですね。

海外旅行の楽しさも倍増します。 

ミルクココアは海外でも日本でも好まれる飲み物です。

温かいミルク入りのココアを注文したい時の英語表現をご紹介しましょう。 

温かいミルクココアをください。
Can I have a hot milk chocolate.

 

温かいココアをください。
Hot milk chocolate、please.  

冷たいココアを注文したい時の英語表現はIced chocolateです。
Ice chocolateと間違えやすいので注意しましょう。 

冷たいココアをください。
Please give me a cup of iced chocolate. 

 
コーヒーや紅茶を注文したい時は上記の英単語を変えるだけです。


ココアは英語圏ではHot chocolateと言うことが多いことを覚えて置けば海外だけでなく日本でも役立ちます。 

それは海外旅行者や留学生の人も日本のコンビニエンスストアのコーヒ―マシーンを利用しているからです。 

ホットチョコレートドリンクをレジで英語で注文しても実際に店員さんに通じない場合があります。 

そんな場面に出くわしたらHot chocolateはCocoaの事だと伝えてあげてくださいね。 

例文をまとめました。

温かいココアをください。
Can I have a hot chocolate.

 

温かいココア(コォゥコォゥ)をください。

Can I have a cup of hot cocoa ?

 

温かいココアを1杯ください。
Please give me a cup of hot chocolate.

 

温かいココア(コォゥコォゥ)を1杯ください。
Please give me a cup of hot cooca.

 

温かいミルクココアをください。
Can I have a hot milk chocolate.

 

温かいミルクココアをください。
Hot milk chocolate、please.

 

冷たいココアを1杯ください。
Please give me a cup of iced chocolate.

 


これらの英語表現を覚える方法はこちらのページを読んでください。英語表現を効率よくたくさん覚えることができます。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは