六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話・TOEICの上達にお役立てください。

「お腹いっぱいです」は英語でどういえばいいでしょうか?

お腹が一杯です。と英語で言いたい時は、"I'm stuffed."や、"I am full".を使います。

stuffという英単語は、詰め込むという意味があります。 "I'm stuffed."は、be動詞ここではam+過去分詞ここではstuffedで詰め込まれるになるので、お腹が一杯という意味になります。

その他にも、"I have had enough."で(もう満腹です。)と伝えることができます。

昔から、腹八分目に医者いらずと言う言葉がありますが、食べ過ぎると胃が痛くなってしまう方もいますね。英語で(お腹が一杯になると胃が痛みます。)と伝えたい時は、"My stomach aches after meals."

食べ過ぎは身体によくないですよね。と英語で言いたい時は、"Eating too much is bad for the health."(食べ過ぎると身体に良くないです。)で伝えましょう。 食べた後すぐにゴロゴロしてしまう方なら食後すぐ横になる理由を説明できれば相手も納得してくれるでしょう。 

体重増加が気になる家族には、(あなたは食べ過ぎですよ。)とアドバイスしましょう。 "You eat too much." もう少し強く伝えたい場合は、(食べ過ぎてはいけない。)"You must not eat too much." と伝えましょう。

海外でご馳走になったとき、たくさん食べるようにとすすめられることも多いと思います。無理せずに「お腹が一杯」であることを英語で伝えられれば安心ですね。

【例文を読む】

Are you full?

あなたはお腹がいっぱいになりましたか?

I'm full already.

私はもうお腹一杯です。

I can't eat another thing.

もうおなかが一杯です。

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは