六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話・TOEICの上達にお役立てください。

誰?の英語表現

英語を楽しもう!六単塾です。今日も英語表現をご紹介します。

今日は誰でしょうか?の英語表現をご紹介します。

聞き取れないスペルが読みづらいとくれば誰でも焦ってしまいます。

それでもそこで簡単にあきらめないでください。

「言葉を書いてもらう」「スペルを教えてもらう」など一歩だけでいいので前に進んでみましょう。

日本人ではやってくれないことも海外の人ではやってくれるものです。英会話の楽しみはここにあります。

次は誰ですか?

Who's next?


お待ちの方はいますか?

Is anyone waiting?


どうぞ入ってください。

Please come in.

例文をまとめました

〈電話で〉 どなたですか?

Who's speaking, please?


「どなたですか」「私です」

Who is it It's me.


どなたですか?

What name shall I say?

英文をたくさん覚えるには?

「こんなにたくさんの英文覚えられないよ…」と思っていませんか?

確かに英文暗記は大変ですよね。

僕も記憶力は弱いほうなのですが「1日10分で英文をあきれるほど覚える方法」を使うことで現在5万個ほど英文を覚えることができました。

「1日10分」というのがコツなのですが詳しくは下記ページをご覧ください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほど覚える方法