六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話・TOEICの上達にお役立てください。

「話しましょう」と英語でいえますか?

英語を楽しもう!六単塾です。今日も英語表現をご紹介します。

124H.jpg

「話しましょうを英語で言う時は"Let's talk."です。 人は誰かと話したいと思うことが良くあります。地方では道の隅に話し相手を求めて座っている年配の方なども見かけます。 人は一日中黙っていると声が出にくくなることさえあると聞きます。

Let's talk.と笑顔で声をかけて話しましょう。例えば彼氏と彼女が喧嘩をしてしまった時よく話しあうことが大切ですが"Let's talk about it."(よく話し合おう。)とちらかが言えると解決することでしょう。

「またお話ししましょうと言いたい時なら"Let's talk again." 道端で知り合いにあって少し話をしてみたでも急いでいる時に使える英語表現です。

中高年の方で急に前から歩いて来た見ず知らずの女性に急に声をかけてお茶を誘うという方も時々いるそうです。(お茶を飲みながら話しませんか?)"Let's talk over a cup of tea, shall we?"という場面に遭遇したら(私は時間がありません。)I have no time.と答える断りの英語表現もおぼえておくと役立ちます。

知人や友人家族から深刻な悩みの相談を受けたらLet' talk it over.(そのことについてじっくりと話しましょう。)会社でも使えます。

人は誰かに悩みを話すことがとても大切です。(話しましょう.)"Let's talk."の英語表現は人が生きる上で良く使える英語表現です。 是非おぼえておく立ててください。

【例文を読む】

Sit down and let us talk it over

座って話し合いましょう。

Let's talk to him.

彼に相談してみよう。

Would it be possible for us to talk again next time?

私たちはまた今度お話し出来ませんか?

なお英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみると英語が口から飛び出す方法を理解できると思います。こちらの記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほど覚えてしまったコツとは