六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話・TOEICの上達にお役立てください。

「次に持ち越しましょう」と英語でいえますか?

英語を楽しもう!六単塾です。今日も英語表現をご紹介します。

ビジネス会議で話し合いがなかなかまとまらないとき「次の会議に持ち越しましょう」と言うことがあります。会議で話し合えなかった課題や考えは「次の会議に持ち越し」発表することもあります。 今は結論がでなくても「次の会議に持ち越す」ことで考えもまとまり良い案が出ることもあります。「持ち越す」や「後に回す」という英語表現"carry?""over to?"の使い方をおぼえておくと役立ちます。「残っている課題は」"the rest"" the remaining details"を使います。時間制限などがある場合にも「次の会議に持ち越しましょう」という表現を使いましょう。

【原文を読む】

Let's discuss the rest at our next meeting.

残りは次の会議で話し合いましょう。

Let's carry the rest over to the next meeting.

残りは次の会議に持ち越しましょう。

We can leave the remaining details for the next meeting.

残りの詳細については次の会議に残しておきましょう。

なお英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみると英語が口から飛び出す方法を理解できると思います。こちらの記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほど覚えてしまったコツとは