六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

「都合のよいときに」と英語でいえますか?

約束、アポイントをする時のビジネス英会話表現を紹介します。

外国人を相手にアポイントを取らなければいけない時、英語だとどうしてもポジティブになってしまうことはありませんか?取引のチャンスを手放すことにならないために、ちょっとしたビジネス英会話表現をおぼえて置きたいものです。日時や場所をすり合わせるためのものが多いので、流ちょうに英語が話せなくても、決まった表現をおぼえてしまうだけで、約束する、約束を変更する、約束を確認することがスムーズになります。ビジネス上の取引は、メールや電話だけでは、済ませるよりも直接会ってお互いの話を聞いてみる事が大切です。お互いの都合を考慮しながら約束を交わすためのビジネス英語表現を覚え、ビジネスにお役立てください。約束を取り付けるとき、最初に「よろしければ」と相手の都合を伺う言葉で始めると好印象。

If it's all light、? I'd like to,?したいのですが)を利用すると会いたいという表現を伝えられます。 At a convenient time やat your convenienceを使うと「都合のよい時に」という表現ができます。ビジネス英語表現、約束、アポイントをおぼえて交渉術の1つに役立ててください。

約束をする=make an appointment、 時間がある be free, 別の約束がある=have another appointment,  忙殺されている=be tied up

以下、例文を幾つか記載します。英語の勉強で読んでみましょう。

If it's all right, I'd like to meet you next Monday.

よろしければ、次の月曜日にお会いしたいのですが。

If it's all right, I'd like to make an appointment to meet you at a convenient time next week.

よろしければ、来週のご都合のよい時にお会いする約束をさせていただきたいのですが。

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは