六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

fully の意味とは?例文で英語の意味を解説

今回の記事は、「fully」=「最大限に」。可能な限り最大の程度にという意味で使う単語。その表現方法を紹介します。

「fully」=「最大限に」。必要なものがすべてそろったというニュアンスが強い単語です。“completely=完全に、十分に、全面的に、全く“は、fullyより広く使えますが、必要なもの全部がそろったと言う意味での表現する際は、fullyの方が適切と言えます。”use this especially to say that you have completely understood something or have everything that you need(あることについて完全に理解したとか必要なものを全て手にしたという時に使う)“Fullyの表現方法を覚えて置くとビジネスで役立ちます。

Customer=顧客, possible=起こりうる、risk=危険、enter into=結ぶ(契約など)、Contract=契約、merit=長所、demerit=短所 *meritとdemeritを対照させる場合は、demeritの語頭を強く。

以下、例文を幾つか記載します。英語の勉強で読んでみましょう。

The customers need to be fully informed of the possible risks in entering into the contract.

顧客は、契約に伴うリスクについて徹底的に知らされているべきである。

We have fully discussed the merits and demerits of the merger.

合併のメリットとデメリットについて徹底的に討議してきた。

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは