六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話・TOEICの上達にお役立てください。

in depth の意味とは?例文で英語の意味を解説

英語を楽しもう!六単塾です。今日も英語表現をご紹介します。

今回の記事は「in depth」=「綿密に」。ある事をずっと探っていく様子を表す英単語。その表現方法を紹介します。

「in depth」=「綿密に」。Depth は深さとう意味。「in depth」はあることを奥へまたは底へ探っていく様子を表す言葉です。大まかな理解調査ではなくあらゆる細かい部分まで含むという意味があり副詞句として動詞を修飾します。in とdepthの間にハイフンを入れた形容詞形は「必ず名詞の前につく」と用法が限定されています。しかし意味的には副詞と同じ。In depthは“細やかさや奥行き"という点で徹底的というニュアンスがあります。綿密に調査する徹底的に討議する徹底的に研究するビジネスシーンでも良く使われる単語です。覚えて置くと役立つでしょう。

Study=研究する

以下例文を幾つか記載します。英語の勉強で読んでみましょう。

We discussed the matter in depth.

その件について徹底的に討議した。

The result will be studied in depth.

結果については徹底的な研究を行う。

なお英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみると英語が口から飛び出す方法を理解できると思います。こちらの記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほど覚えてしまったコツとは