六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

気を付けてと英語で伝えるにはどう言えば良いですか?



52万人が体験!「たった6単語の英会話習得法」今なら無料で試せます

あなたは「たった6単語で英語は話せる」ことをご存じですか?6つの単語からなる超シンプルな英会話フレーズを体得して、英語をあきれるほど楽しくラクに話す方法があるんです。メールアドレスを登録すれば無料で体験できます。今なら先着300名に特別レポート「1日10分であきれるほど英単語を覚える方法」も無料プレゼント。今すぐメールアドレスを入力して申込ボタンを押してください。無料です!


メールアドレス入力


【記事概要】

気を付けてね。と英語で伝えたい時は、"Be careful."を使って表現します。Be careful not to〜で、〜しないようにきをつけてと伝えることができます。

先日も東京に20年ふりの大雪が降りましたが、雪の降る日に転ばないように気を付けてね。と英語で伝えたい時には、"Be careful not to fall."(転ばないように気を付けて。)

「〜するように注意して、忘れないようにね。」と英語で伝えることは良くありますね。"Be careful to〜"を使い伝えましょう。鍵を閉めることや電気を消すこと、窓を閉めること、連絡すること日常生活には忘れないようにする必要があることが沢山あります。

Be careful to〜でいろいろな忘れないでね。を伝えることができます。(鍵をするのを忘れないでね。)と伝えたい時は、"Be careful to lock up."です。"Be careful to turn off the light."で、(電気を消すようにしてください。)。

"Be careful with+人"で、 人には気を付けてという英語表現ができます。例えば、人の噂ばかりしている人が周囲いたら、"Be careful with her.(彼女に気を付けて。)近所にも1人はいたりします。

女性に声を掛けて誘ってばかりいる男性がいたら、"Be careful with him."(彼に気を付けて。)と先に聞いておくと助かります。

気を付けて、忘れないように気を付けて、という英語表現は、Be careful+〜で、いろいろな表現ができます。自分が体験した困りごとなどをが、大切な人や友人に起こらないおうにBe carefulを使った表現で、「気を付けて。」を伝えてあげましょう。

【例文を読む】

Be careful not to fall.

転ばないように気を付けて。

Be careful not to tell her anything.

彼女には何も言わないように。(気を付けてね。)

英語上達のヒント集 (無料メールマガジン)

プロが教える英語上達のヒント集。初心者でもスムーズに中級・上級者に。毎日メールでやさしくお届け。英会話とTOEICに効きます。詳しくはこちら


なお、英会話フレーズをたくさん覚えるにはコツがあります。詳しくはここを押してください。