六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話・TOEICの上達にお役立てください。

「気を付けて」と英語でいえますか?

英語を楽しもう!六単塾です。今日も英語表現をご紹介します。

気を付けてね。と英語で伝えたい時は"Be careful."を使って表現します。Be careful not to?で?しないようにきをつけてと伝えることができます。

先日も東京に20年ふりの大雪が降りましたが雪の降る日に転ばないように気を付けてね。と英語で伝えたい時には"Be careful not to fall."(転ばないように気を付けて。

「・・・するように注意して忘れないようにねと英語で伝えることは良くありますね。"Be careful to?"を使い伝えましょう。鍵を閉めることや電気を消すこと窓を閉めること連絡すること日常生活には忘れないようにする必要があることが沢山あります。

Be careful to?でいろいろな忘れないでね。を伝えることができます。(鍵をするのを忘れないでね。)と伝えたい時は"Be careful to lock up."です。"Be careful to turn off the light."で(電気を消すようにしてください。)。

"Be careful with+人"で 人には気を付けてという英語表現ができます。例えば人の噂ばかりしている人が周囲いたら"Be careful with her.(彼女に気を付けて。)近所にも1人はいたりします。

女性に声を掛けて誘ってばかりいる男性がいたら"Be careful with him."(彼に気を付けて。)と先に聞いておくと助かります。

気を付けて忘れないように気を付けてという英語表現はBe careful+?でいろいろな表現ができます。自分が体験した困りごとなどをが大切な人や友人に起こらないおうにBe carefulを使った表現で「気を付けてを伝えてあげましょう。

【例文を読む】

Be careful not to fall.

転ばないように気を付けて。

Be careful not to tell her anything.

彼女には何も言わないように。(気を付けてね。

なお英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみると英語が口から飛び出す方法を理解できると思います。こちらの記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほど覚えてしまったコツとは