六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

「よいお年を」と英語でいえますか?

お決まりの年末の挨拶といえば「よいお年を」ですが、英語では何と言うのでしょうか?

“Have a happy new year.”や“I wish you a happy new year.”が定番ですが、“Happy New Year!”だけでも「よいお年を!」の意味になります。

日本語で考えるとHappy New Yearは「あけましておめでとう」なので新年に使う挨拶のような気がしますが、年末(年明け前)に使うときには“I wish”の意味が含まれているのかもしれませんね。

“Merry Christmas and a happy new year!”“Happy holidays!”でも「よいお年を」として使えます。

では、「来年もよろしくお願いしますはどのように言うのでしょうか。

英語では「よろしく」にあたる直接の表現はありません。そのため次のように言うのが良いでしょう。

来年も会えるのを楽しみにしています)

“I look forward to seeing you again next year.”

相手が職場の人間なら、“seeing you”の部分を“working with you”に変えて「来年も一緒に仕事するのが楽しみ=来年もよろしく」としても良いですね。

【例文を読む】

I hope I'll see you again soon. Happy holidays!

またすぐ会えるのを楽しみにしているよ。よいお年を!

This year is going by fast.

今年はあっという間に過ぎていきます。

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは