六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

「あまり悩まないでね」と英語でいえますか?

「あまり悩まないでねと英語で伝える時は、”Dont worry too much.”で伝えましょう。

日常生活でもビジネスシーンでも時として人は、トラブルに遭遇し悩むことがあります。

元気のないオーラを出している知人や友人がいたら、何か悩み事があるのかもしれません。そのような時は、どうしたのか声をかけてみましょう。相手の悩みを少しでも聞けたら”Dont worry too much.”(あまり悩まないでね。)と伝えてあげましょう。

似たような英語表現で、「それは、お気の毒にと英語で伝えたい場合は、”Thas too bad.”です。相手の気持ちになって伝えることが大切です。同感してくれる知人や友人がいるということが重要ですね。

悩み事は、人生につきものですが、良いことがあると次は、悪いことがあり、悪いことがあったら次は良いことがあり人生はバランスだな。と感じることも多いのですが、もしあなたのまわりに悩んでいる人や落ち込んでいる人がいたら、優しい笑顔で言葉を伝えてあげましょう。

以前、悩みを打ち明けた相手から、「根に持たない方が良いわよと軽く言われたことがありました。その言葉はとても重たく気になる言葉でしたが、「あまり悩まないでねなら同じような言葉でも相手の気持ちにそっとよりそうメッセージではないでしょうか。

”Dont worry too much.”おぼえておくと役立ちます。悩んでいる友人や知人にあなたの優しいメッセージでポジティブな方向へ導くことができると良いですね。

【例文を読む】

I've lost my job.

失業してしまいました。

I was disappointed in love.

私は失恋しました。

Don't worry too much.

あまり悩まないでね。

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは