六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話・TOEICの上達にお役立てください。

「遅れてごめんなさい」と英語でいえますか?

今日は、I'm sorry の使い方をご紹介しましょう。

I'm sorry.は単純に「ごめんなさいの意味の他、「お気の毒に」や、相手の言う事が聞き取れなかった場合の聞き返しにも使える英語表現です。「もう一度言ってもらえますか?」と聞く時には、語尾を上げて発音しましょう。

例えば、うっかり後輩の適切ではない動きに強く言ってしまった場合、(あんなこと言ってごめんね。)とフォローを入れましょう。

あんなこと言ってごめんね。

I'm sorry I said that.

最近の後輩は、仕事ができていなくても上司にも強く言い返すことがあるようです。 少し驚きますね・・・。

結婚指輪をしていない男性はわかりづらいですね。仕事上、指輪が邪魔になると付けない男性も多いですね。そのせいで結婚している男性が、飲みの席で女性から声を掛けられることもあるかもしれません。そのときは自分の家庭のためにも、こう断ることも大事ですね。

悪いけど、結婚してるから(飲めないよ))

I'm sorry, but I'm married.

彼女の仕事が上手く行かずに悩んでいることがあったら、まず話をよく聞いてあげて、""I'm sorry to hear that.""理解してあげましょう。誰にでも辛い時、大変な時期はありますね。苦難を乗り越えた後はなぜか良いこともあるものです。

仕事の失敗でお客さんに迷惑をかけてしまったら、謝罪することがあります。そのときは口だけでお詫びを言っても相手には気持ちが伝わりません。心を込めてこう伝えましょう。

心底申し訳なく思っています。

I'm sorry from the bottom of my hear.

このようにI'm sorry.には、いろいろな意味が含まれていますね。簡単な言葉ですが、いろいろな意味として使えるので使い方をおぼえて役立ててください。

【例文を読む】

I'm sorry for being late.

遅れてごめんなさい。

I'm sorry, but I'm tired.

悪いけど疲れています。

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは