六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話・TOEICの上達にお役立てください。

「なるほど」と英語でいえますか?

英語を楽しもう!六単塾です。今日も英語表現をご紹介します。

64fa3d029409450f901cfa576cd6aee1_s.jpg

今日はあいづちをうつ時の英語表現をご紹介しましょう。

なるほど。)はI see. (わかったよ。)は英語でI understand. (確かにそうだね。)はThat's true.と表現できます。

このあいづちのポイントは相手の話すペースに合わせてあいづちをすることです。相手が早いペースで話すならばあなたは早いあいづちで相手がゆっくりと話すのであればあなたはゆっくりあいづちをしながら英短文を一言つぶやくこのような流れで英会話をスムーズに進めましょう。

それは面白いね。)はThat's interesting.や(それはひどいな。) That's terrible.(それは驚きだね。)That's surprising.などの英短文をあいづちしながら伝えてみましょう。

あいづちを打ちながら伝えることのできる英語表現を幾つかおぼえておくと英会話がスムーズです。 (それは残念だね。)英語ではThat's a shame!(やっぱりね。)は英語でThat figures.おぼえておくと役立ちます。

相手が自慢話ばかりしてきた時には相手の言ったことに無関心であることを示す言い方としてSo what?(それがどうしたの?)が使えます。

すると相手も自分が話している話題が相手には興味がない面白くないのだと気がつくでしょう。あいづちをうつ時の英語表現をおぼえてお役立てください。

【例文を読む】

Like what?

例えば。

Glad to hear that.

それはよかったね。

なお英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみると英語が口から飛び出す方法を理解できると思います。こちらの記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほど覚えてしまったコツとは