六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話・TOEICの上達にお役立てください。

「そうです。そうだよ」と英語でいえますか?

7deee53cf18070e06f080de0a4b55fb7_s.jpg

今日は、(そう思う。その通りです。そうです。)などを英語で伝える表現方法をご紹介しましょう。

相手のいうことを強く肯定する時は(まったくそのとおりです。)Absolutely. を使います。

Did you enjoy the overseas trip?

(旅行は楽しかったですか?)

Absolutely.

まったくそのとおりです。

相手の答えが自分の求めていたものと同じだと嬉しいですよね。例えば、Are you looking for this card?(このカードを探しているの?)に対して、That's it! Where did you find it? (それだよ!どこで見つけたの?)このような英会話ができると楽しいですね。

きっとそうだよ。)は英語で、I bet.です。相手が希望を持っている時に使いたい英語表現です。

これは、本物のダイヤモンドなの?

This diamond, is it real?

きっとそうだよ。

I bet.

人は、(そうだね。そうです。そう思います。)など自分の意見と同じ答えを持っている人に対して良い印象を抱きます。しかし、違うと思っている場合は、(そうは思わない。)と伝えることも大切です。

そうは思いません。

I don't agree.

そうではないかも。(そうではないと思います。

Probably not.

カジュアルな英語表現なら、(そうではないと思います。)は英語で、You're wrong. と表現できます。それぞれの意見を大切にしながら、相手の意見も理解しつつ、Noはしっかりと伝える。大切なことですね。

【例文を読む】

Can you finish the work by tomorrow?

その仕事、明日までにできますか?

Yes, I think so.

はい、そう思います。

No. I don't think so.

いいえ、そう思いません。

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは