六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話・TOEICの上達にお役立てください。

「筋肉痛」と英語でいえますか?

「筋肉痛」を英語でどう言えばよいか?痛む筋肉は、sore muscles。筋肉を痛める.pull a muscle.全身筋肉痛は、my whole body is sore。です。

筋肉痛の原因は、普段使わない筋肉を使って起こる筋肉炎症のことですが、冬場など、寒くなると筋肉が固くなり何もしなくても炎症を起こすこともあります。腰痛なども代表です。

筋肉がこわばって痛む、to have muscle cramps and feel pain-。筋肉がかたくなって痛むは、pain from stiff muscles。

年齢を増すとちょっとした運動で筋肉痛になることがありますね。体中が筋肉痛になる、I have sore muscles all over my body。全身の筋肉痛は辛く、治るまで寝たきりになる事さえあります。

運動後の筋肉痛は、10代、20代なら翌日に出るのに比べいて、30代、40代を過ぎると、翌々日、またはそれ以降に筋肉痛になることも良くあります。

筋肉痛は、muscle soreness、myalgia、muscle ache, muscular pain.筋肉痛になったら、痛みが治るまで運動は控え、筋肉痛が治ってから再び運動する事が大切です。

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは