六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話・TOEICの上達にお役立てください。

【英語コラム】忙しいの表現方法

英語を楽しもう!六単塾です。

今回は忙しいという表現を「フレンズ」をもとに覚える方法についてお話します。

f:id:rokutanjuku:20180817110214j:plain

忙しいという英語表現

忙しいと言いたいときにI’m busy.という簡単な言い方がありますが他にもいろんな表現方法があります。

例えば皆で話をしているときにロスは仕事が忙しいからもう行かないといけないと言います。

そのときに使っていた表現がI have a jam-packed schedule.です。

a jam-packed?で「満員の?ぎゅうぎゅう詰めの?」を表すので「ぎゅうぎゅう詰めのスケジュール」だから忙しいという意味になります。

和製英語でタイトなスケジュールという言葉を聞くことがありますがこれは英語でも正しくてa tight schedule やa heavy schedule と言うことができます。

多忙なスケジュールに追われるというのはface a tight schedule 多忙なスケジュールをこなすのはfollow a tight scheduleと表します。

たくさんすることがある。

I have many things to do.

という表現で忙しさを表すこともできます。

暇で何もすることがないという英語表現

反対に暇で何もすることがないという表現はI have nothing to do.と言うことができます。

spare timeや free timeで「暇」という意味です。

spare time を使って空き時間が十分にあると言うときはI have plenty of spare time. と言います。

暇な時になにをしているか尋ねるときはHow do you spend your spare time? やWhat do you do with your free time?と聞きます。

schedule を使った表現にRight on schedule.があります。

「予定通りにすすんでいる」という意味です。

反対に「予定より遅れている」を表すのはbehind schedule です。

a day behind schedule と前に数字を置いてどれだけ遅れているのかを表すこともできます。

英語表現をたくさん覚えるには?

「こんなにたくさんの英語表現を覚えられないよ…」

確かに英語表現の暗記は大変ですね。

僕も記憶力は弱いほうなのですが「6単語英会話を1日10分覚えていく方法」を使うことで現在5万個ほど英文を覚えることができました。

「1日10分」というのがコツなのですが詳しくは下記ページをご覧ください。

1日10分で6単語英会話を覚えたら英語を話せるようになった理由

こちらもどうぞ⇒特別レポート「英会話は6単語でできるんです」無料プレゼント