六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】英短文を習得中。1万個覚えるまでに到達する時間は?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
六単塾に今年の1月に入塾し、現在、約7か月が経過しております。
六単塾の基本方針である、会話に有用な英短文を暗唱することにより、スピーキングとリスニングのスキルを有効に伸ばすという方法論に共感し、自分なりの努力を続けております。
現状では、即暗唱した英文が聞こえたときには、即座に理解できること、また浮かんだ日本語から英語への変換が以前よりも早くなってきていることを実感しています。

実際のやり方としては、B6版の小さなノートの左側に日本語文を、右側に英語文を書き写し、通勤中や昼休みを利用して即暗唱の練習をやっております。
この即暗唱に、毎日1時間程度の時間を費やしています。
現状では、この7か月間に蓄えた英短文(テキストの問題と例題の両方)をほぼ、2秒以内に日本語から英語に変換できています。

そこで、相談ですが、六単塾では1万文程度の英短文を習得する必要が謳われていますが、このレベルに到達できる期間に関して教えてください。
私の場合、6単語英会話講座、6単およびビジネス英語特訓を実施しているので、それぞれの頻度と1回の新規英短文の数を考慮しますと、1か月を30日として1か月あたり65個の英短文の習得が可能となります。
そうしますと、1年で65文×12か月=780文、したがって1万文の習得は10000文÷780文=約13年となり、10年以上必要となる計算になります。

しかしながら、10年以上かかるのは、ちょっと長すぎるので、私としては、3年程度で達成したいと考えています。
この場合の対処方法としては、六単塾以外に自分で英短文を入手して暗唱する必要があるのでしょうか?
あるいは、他にいい方法はありますでしょうか?
また、他の塾生さんは、1万文の習得にどの程度の期間をかけておられるのか教えてください。


■回答
頂いたメールからは、非常に真摯に努力していらっしゃる姿勢が伝わって来ました。
覚えた英文は、ほぼすべて2秒以内に発話できるとのこと、素晴らしいですね!
効果を実感されているとのこと、私どもも大変うれしく拝読いたしました。

六単塾で推奨している1万文程度の英文の習得に、どのくらいの期間が必要かというご質問ですが、こちらに関しましては、塾生さんがもともとお持ちの英語力によってもかなり異なってまいりますので、一概には申し上げられません。
ただ、六単塾の塾生さんは社会人の方がほとんどですので、初めて英語を学習するわけではなく、中学や高校、さらに、大学等に進学された方は、そこでも英語を学習なさっていますよね。

英文でなく語彙数になってしまいますが、一般的には、中学卒業程度で1500語、高校卒業(センター試験対応レベル)程度で5000語、難関私大レベルで8000語は獲得していると言われています。

ですので、まっさらの状態から1万文覚える、というのではなく、お客様のバックグラウンドにもよりますが、現在お持ちの語彙力や覚えた英文数に、六単塾で覚えた英文を追加していっていただくことになるとお考えください。
そうしますと、これから10年かかるということはなく、もう少し短時間で達成できることになるかと思います。

また、効果的な学習法に関しては、下記に専任講師よりアドバイスを記載しておりますので、ご参考になれば幸いです。


相談者様の英語の勉強方法、復習方法は、素晴らしいと思います。
英語の勉強はどうしても反復が必要になってきます。
英単語の勉強は、どうしてもただ暗記するという形になってしまいますが、英文を覚える意義は、覚えた英文を適切な場面できちんと使えるようにすることと、もうひとつは「応用力」を付けることです。

例えば1万文の英文だけを言えるようになっても、あまり意味がないといえます。
覚えた英文、文法を使って、自分の言いたいことを言えるようにすることが一番の目的と言えるかもしれません。

ある程度、基礎的な文法力がつき、英文を覚えたら、自分が言いたいことを考える勉強をすることをオススメします。
いわゆるアウトプットと言われる勉強法です。
頭の中で考えてもいいですし、書いてみてもいいです。
もちろん英会話も含まれます。
そうすることで英語力アップもスピードを増していきます。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ