読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

祐樹さんのプロフィール

不定期に更新しています。世界一長いプロフィールを目指します(≧▽≦)

 

http://rokutanjuku.jp/image/blogimage/profile.png

祐樹せつら
Yuuki Setsura


東京大学大学院工学系研究科卒。知識欲旺盛な指導者・教育者。血液型はO型。

 

「英語を楽しもう!六単塾」の塾長を務める。数千人の塾生を教えつつ、六単塾のサービスを常に改良するプロデューサーでもある。さらに六単塾の公式メールマガジンやWEBサイトの記事執筆も担当。祐樹式英語教材の開発から運営スタッフの教育まで幅広くこなす。

 

高校2年の途中でアメリカ・カリフォルニア州へ移住。現地校に転入し、日米両方の高校生活を経験する。5年以上の海外生活を経て独自の英語上達法「祐樹式」に開眼した。


現在は、仕事の空いた時間でフランス語・ドイツ語・イタリア語の3か国語を同時習得中。フランス語を学ぶ理由は、ニースなどのフランス南部に別荘をおいて住んでみたいため。ドイツ語には実は興味はないが、自分の英語上達法が正しく適用できるか確認するため。イタリア語は、ローマに毎年仕事で出張するためビジネス上必要なので学んでいる。


仕事柄、本を読むことが多いが、もともと読書が大好き。探偵小説とビジネス書籍を読むことを好む。人と交流するよりもジャズやクラシックを聞きながら本をゆったり読むのが好き。人に合わせるよりも、マイペースで行動するタイプ。


読書好きのためインドア派にみられがちだが、実はスポーツ歴は長い。サッカーは自身も選手として経験が10年ほどあり、大学時代には体育会にも所属経験がある。アメリカでの高校時代は地区予選で得点王だった。左利き(足)。左ウィングや左サイドバックでのプレー機会が多かった。プレースタイルは往年のカズ(三浦知良)選手に近い。

 

カズ(三浦知良)選手は、子どもの頃からお気に入り。同選手の執筆した書籍は新作がでるたびに集めており、そのたびに彼へのリスペクトが強くなっている。近い将来にカズ選手と仕事をしたいと強く願っている。同選手のスポンサー契約をし、六単塾の広告塔としてテレビCMに出演してもらうのは夢の1つ。

 

サッカーはするのも見るのも好き。最近は日本代表選やワールドカップよりもイングランド・プレミアリーグの模様が気になる。激しい当たり、ボール回しの速さ、観客の盛り上がり、ピッチの綺麗さなどで、チャンピオンズリーグよりもプレミアリーグを好む。プレミアリーグ見たさでスカパーのJ-SPORTSと契約し、スカパーにはまった。

 

スカパー愛好者。スカパーでは英語が大抵は流れているため、日本にいながらも英語に触れる機会が多いので気に入っている。笑いのある生活がほしくてFOXの海外ドラマをよくみるが、一番笑えるのはWWE(ワールド・レスリング・エンターテイメント。アメリカンプロレス)と思っている。ニュース番組はBBCを時々みるが、最近はほとんど見ていない。

 

スカパーで最近一番気に入っているのは「AXNミステリー」。ポアロやホームズなどのクラシックな探偵小説が好きなのでマッチしている。また「旅チャンネル」は海外に行った気になるのでよく録画している。


スカパーを愛用する一方で、地上波のテレビ(民放)は全くみない(テレビ線すら接続していない)。そのため世間の話題にはほとんど触れる機会がなく、知人との話題についていけないことが多い。たまに実家に帰って地上波をみると、ギャップの大きさに悶絶する。

 

実家は神戸。明石海峡大橋が近くにあり、帰省するたびに仲間と立ち寄って1時間ほど眺めて過ごすのが慣例となっている。明石が近いが、明石焼きは昔から食べたことがない。タコ焼きは主食の位置づけだった。子どもの頃は、年末に明石の商店街で、両親に連れられながら人ごみにもまれ、くじらやふぐを買う行事を楽しみにしていた。

 

子ども時代、家の方針で1日30分もゲームをさせてもらえなかった。その反動で、大人になってからRPGにはまり、一昼夜やり続けたことがある。1週間も家にこもりっきりで外界との接点を絶った結果、周りの人や職場のスタッフに大変ご迷惑をおかけしたため、RPGはそれ以来、完全に封印している。ゲーム実況動画をニコニコ動画でみるぐらい。

 

今ではゲームはほとんどしない。寝る前にDSのテトリス(レベル5)をする程度。たまに勝つが、たいていは睡魔に負ける(戦績:30戦1勝29敗)。最近はゲームをするより仕事をするほうが楽しく、むしろ仕事がゲームになっている。

 

仕事が大好き。前述のようにゲームとして楽しむように心がけている。仕事ではやることを「したいこと」「したくないこと」にわけ、基本的にしたくないことは避ける・やめる・任せる。その上でしたくないことをせざるを得なくなったら楽しくなるようにするのが得意。

 

インターネット中心の仕事をしているくせに、携帯電話やスマホが苦手。小さい画面や小さいボタンを押すのが苦手なのだ。といいつつ、iPhoneは持っていて、現在位置を調べたり、音楽を聴いたり、暇なときにKindleアプリで電子書籍を読んだりと楽しくはやっている。スマホ×電子書籍という組み合わせにより、書籍を買って外に持ち出すライフスタイルがなくなった。とはいえ、スマホに人生をとられないため、スマホには必要最小限の設定しかしていない。スマホではSNSはおろかメールすら見ない(公開メールアドレスはつくらない。六単塾のメール講座受信用にはつかっている)。スマホは電話ができれば基本よいと思っている。

 

電話については、自分の都合がいいときに、自分がかけたいときに電話をする姿勢を貫いている。電話がかかってもすぐとらない。家族や知り合い、仕事先からかかっても取らない。電話は常時スリープモードにし、住所録の人しか電話はかからない仕様にしている。夜6時以降はリラックスした時間を過ごしたいため、一切の電話はとらないよう、電話の電源は自動的にOFFになる(ようにアプリの設定を依頼している)。これはダン・ケネディが提唱する「社長のための時間の使い方」に大きく影響されたもの。

 

食べることが大好き。美食家ではないため、細かいところはわからないが、美味しいものにはお金をかけるタイプ。B級グルメも大好き。札幌ラーメンの味噌ラーメンと讃岐うどんは買いだめしている。

 

料理はまったくと言っていいほどしない。基本的にできないし、好きでもない。実際のところは料理をするより食べるほうが好きである。料理をするより食後の洗い物をするほうを好む。単純作業のため。元来、単純作業が得意であり、単純作業を効率的に極める意味では職人ともいえる。料理のように、段取り以上に芸術性やセンスを求められる仕事は苦手である。

 

学生時代から美術は苦手だった。中学生時代、がんばってつくった絵画も提出期限に間に合わずに評価されず、成績表で「2」になったときは半年落ち込んだ。かといって技術の時間でも良い成績を残すことはできなかった。手先はピアノをしている分器用なほうだったが、細かい作業は苦手だった。芸術性やセンスを求められる美術や、ミクロを求められる技術よりも、定量的に評価される数学や物理などの理工系に進むしかないと子供心に誓う。

 

料理はしないが「サツマイモのチーズケーキ」をつくることはできる。ニコニコ動画で美味しそうなチーズケーキのつくり方をみて、どうしても食べたくなって自分でつくったところ美味しく、家族にも好評だったため、時々つくる。好評だったことに調子にのったのか、チーズケーキ、それも1つのレシピしかつくれないのだが、自分のことをパティシエ(あるいはチーズケーキ専門パティシエ)と呼ぶようになった。最近は「ホットケーキミックスをつかった簡単バナナスコーン」もつくれるようになった。

 

お酒はたしなむ程度に好む。体育会に所属したため、お酒は相当鍛えられたが、最近は一杯でアウト。酔うと眠くなる。ウィスキーはグレンフィディックと山崎を愛飲する。ワインはカベルネ・ソーヴィニヨン。ビールはドイツ系ならなんでもいい。シンハービールや青島ビールもお気に入り。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。