六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】独学で一般の会話レベルまで行く方法

六単塾の祐樹です。こんにちは。
先日、次のご相談をいただきました。


「30代後半の者です。最近、英会話をやりなおそうと思っています。
中学生の頃は、英語の勉強をしていたのですが、もう20年も前の事で、すっかり忘れています。
独学で一般の会話レベルまで行く事は、可能でしょうか」


英会話をやりなおしたいが、独学でできるか?というご相談ですね。
答えとしてはイエスです。僕も独学で一般の会話レベルまで達することができましたから。

あなたがすべきことは「汎用的な英会話フレーズ」を覚えることです。

汎用的な英会話フレーズ。
それは要するに「欧米人によくつかわれる」英会話フレーズのことです。
英会話フレーズといってもいろいろあるんですね。

アメリカ人やイギリス人がいまつかっている英会話フレーズ。
これはいい。こういう英会話フレーズを覚えるのが目標です。

ところが、欧米人が全く使わない英会話フレーズというのも世の中にはあるんですね。
それは、英語の話せない日本人が勝手に作ったフレーズです。
こういうダメな英会話フレーズを覚えたらダメなんですね。
ダメな英会話フレーズをいくら覚えて使っても、欧米人と意思疎通ができないからです。

ダメな英会話フレーズは、意外と私たちの周りにあふれています。

たとえばインターネット。
インターネットのホームページには、ダメな英会話フレーズのオンパレードです。
「こんな言い方はアメリカ人は明らかにしない」というフレーズが堂々と載っている。
なぜなら、そのホームページを書いてるのは、英語の話せない人だからです。
ネイティブと数十年間英語を話しているような人は、ほとんどいないんですね。
もちろんダメな英会話フレーズを書くのは自由です。
でもそれを読んで、信じるほうがダメなんですね。

英語の参考書にも、残念ながらダメな英会話フレーズが多いです。
ネイティブが書いてる英語テキストでも、最後のほうになるとムダなフレーズを入れてくる。
明らかに「汎用的」とは言えないフレーズを入れてくるんです。
それは本である以上、ページを増やさなければいけないからですね。
だから必要のない英会話フレーズを入れてくる。それを覚えるほうが損をします。

あなたは「欧米人によく使われる英会話フレーズ」を覚えてください。
それ以外はダメな英会話フレーズ。ダメなのは覚えない。
そうすることで独学で一般の会話ができるようになります。


具体的に、欧米人によく使われる英会話フレーズとはどんなものでしょうか。
僕は一定の答えを出しています。


結論:
欧米人がつかっている英会話フレーズをコツコツ覚えてください。
独学で一般の会話レベルまでいけます。

なお、この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。興味があれば読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは