六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話・TOEICの上達にお役立てください。

【英語コラム】英短文・英単語・英熟語はこの順で優先的に覚えていけ

英語を楽しもう!六単塾です。今日も役立つ英語コラムをご紹介します。

f:id:rokutanjuku:20180817110152j:plain

英単語・英熟語・英文と覚えていて何をどれだけ覚えればいいか困ったことはありませんか?

これはそんな人のためのコラムです。

英単語・英熟語・英文。

どういう比重で覚えていけばいいのでしょう?

答えは簡単。

聞いたらわかる英語フレーズを増やすだけです。

英語フレーズとは英単語・英熟語・英短文のこと。

英語フレーズを重要な順番で順序付けするとこうなります。

1.英短文
2.英熟語
3.英単語

英短文を中心に覚えて英単語を補助的に覚えて英熟語をヒマだったら覚える。

これが一番手っ取りはやい。

なぜ英短文が一番重要なのかというと英短文を覚えるほうが英単語・英熟語より覚える言葉が少なくて済むからなんです。

そもそも英語は全ての単語がまんべんなく使われる言語ではないです(英語に限らないけど)。

必ず使われる言葉には偏りがあります。

毎日の生活でつかう英単語もあれば一生に一度も使わない英単語もあるんです。

だから全ての英単語を覚えるのはとてもナンセンスなんですね。

それより「現実に存在する言葉の固まり」を覚えたほうが早い。

つまり英短文です。

そういうわけで英短文から覚えていく。

あなたも今から英短文を覚えていけばいいのです。

英語表現をたくさん覚えるには?

「こんなにたくさんの英語表現を覚えられないよ…」

確かに英語表現の暗記は大変ですね。

僕も記憶力は弱いほうなのですが「6単語英会話を1日10分覚えていく方法」を使うことで現在5万個ほど英文を覚えることができました。

「1日10分」というのがコツなのですが詳しくは下記ページをご覧ください。

1日10分で6単語英会話を覚えたら英語を話せるようになった理由