六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話・TOEICの上達にお役立てください。

「コーヒーは私がおごります」と英語でいえますか?

今日は「おごり(ご馳走)」についての英語表現を紹介します。

お給料日や後輩と飲みに行くときなど、たまにはさらりと「おごるよ」と言ってみたいですよね。さて、「おごるよ」英語で何と言うのでしょう?

いろいろな言い方がありますが、シンプルな言い方としては“It's on me.”や“Let me pay.”などと言います。

「おごる、御馳走する」という意味のtreat を使って“I'll treat you.”でも。またtreatには名詞の「おごり」という意味もありますので“It's my treat.”(わたしのおごりです)でもOK。

“It's on me”と言って“No,let's split it.”(いやいや、割り勘にしよう)と言われることもありますよね。それに対して「いいから、払わせて」と伝えたいときには“No,I insist.”と言いましょう。

また、日本語では丁寧な表現として、相手がお金を払おうとした時に「払う、おごる」などを使わずに「ここは気にしないでください」という言い方をすることがありますよね。英語でも同じです。

“Please,don't worry about it.”(気にしないでくださいね)と言うと、丁寧な感じがしますね。 「ここは払います」「いえいえ、わたしが払います」・・というやりとりが延々続く光景をたまに見ますが、「いいから」(英語だと“I insist.”でしたね)と言われたら御馳走になるのもマナーのひとつ。その時には心からのお礼を言いましょう。

【例文を読む】

The coffee is on me.

コーヒーは私のおごりです。

Thank you very much. It was delicious.

ありがとう。とてもおいしかったです。

It's on the house.

お店からのサービスです。

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは