六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話・TOEICの上達にお役立てください。

「いってきます!」と英語でいえますか?

今日は「行ってきます」という英語表現を紹介します。

「行ってくるよ」と伝えるときには、英語圏の人は大抵、

またね)

See you later!

じゃあね)

Bye for now. 

と言ったりします。ですので、この辺が妥当と思います。

つまり「行ってきます!」の英語表現は、I go ではありません。日本語をそのままの英語にしても、海外では通じない事が多いので注意したいですね。

ホームステイなどをしていると日本語英語を使ってみても理解しようと努力してくれる場合が多くあり、なぜか通じてしまうこともあります(笑)。しかしアメリカなどスピード感がある国では、日本語的な英語をゆっくり意味を考えて理解してくれない場合が殆どです。

もちろん、日本語英語は、ネイティブの人には通じません。アメリカでは、英語を話すスピードがとても早くホテルの売店でも通じないことが良くあります。

「See you later!」は、仕事、学校、習い事など出掛ける際に、家族間、友人と挨拶でも良く使う英語表現です。その他、""See you later!""には、また会おうという意味もあって便利な英語表現なのでおぼえておくと役立ちます。

【例文を読む】

See you tomorrow.

また明日。

See you later on.

また後でね。

Take care!

いってらっしゃい!

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは