六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話・TOEICの上達にお役立てください。

「嬉しそうだね」と英語でいえますか?

今日は「うれしいです」と簡易にいうときの英語表現を紹介します。

重要キーワードは「happy」です。happyというと日本語的には「幸せ」という意味合いが強いですが、英語では「うれしい」と表現するときに通常、happyと言います。日本語よりも気軽につかえる言葉なのですね。

またお会いできて大変嬉しいです。

I'm so happy to see you again.

また、話し相手から「Are you happy?」と言われることもあります。これは(幸せですか?)と文面通り聞かれていることは少ないです。何かあなたの問題が解決したときに、(問題が解決して大丈夫ですか?)という意味あいで使われます。つまり「ノープロブレム?」と言われているようなものですね。

シンプルに「嬉しい」を表現する為には、「happy」がもっとも使われますね。しかし無難な表現なので、誰か特定の場面で、特定のことをしてくれたような時には、自分の嬉しい気持ち、感謝の気持ちを「happy」と表現するだけでは、少し淡泊かもしれません。そういうときは「So happy」と言いましょう。

お会いできてうれしいです。

I'm happy to see you.

ビジネスメールで感謝の気持ちを伝えるなら、I'm happy to see you.と簡単に伝えても良いです。しかし、自分や自社にとてもインパクトのある表現を選ぶ必要のある時なら、I'm SO HAPPY to see you.を使いましょう。SO HAPPYと大文字で記載して協調しています。

もし発音するなら2倍程の強さで発音すると良いです。表情も目を大きくしたり、声のトーンなどを付け加えて、より相手に「happy」の気持ちを伝えてはいかがでしょうか。ビジネスシーンでおぼえておくと役立ちます。

それでは関連する例文を紹介しますので、英語表現をおぼえてお役立てください。

【例文を読む】?

I'm happy to see you again.

また会えて嬉しいよ。

What's cooking?

どうしたの?

You look so happy.

とっても嬉しそうだね。

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは