六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話・TOEICの上達にお役立てください。

「ゆっくり話していただけますか? 」と英語でいえますか?

今日は、英語圏の人との話を途中で止めるときの英語表現を紹介します。

すみません、ちょっと待ってください)"I am sorry . Can I help you? これは、英語圏の人との話を途中で止める時に、使う表現です。

日本では、人の話を最後まで聞くのが常識ですが、英語圏の人は、相手の理解度を知る為に、途中で確認する人もいます。英語圏の人との会話では、途中話を止められることは失礼なことではありません。

タイミングを選ばずに、わからない事が合った時は、事態が遅くなる前に、身振り、手振り、またはオーバーアクションなどで相手の話を確実に止めましょう。最初は慣れないかもしれませんが、慣れてくると自然にできるようになります。

すみません、ちょっといいですか?

I am sorry. May I interrupt?

また、早口の人に、ゆっくり話してもらいたい時などの表現方法も同時におぼえておくと役立ちます。

ちょっと話すスピードを遅くしてもらえますか?

Can you slow down a bit??

関連する例文を紹介しますので、英語表現をおぼえてお役立てください。

【例文を読む】

I am sorry. Can I stop you?

すみません、ちょっと待ってください。

I would like to check if I am following you.

あなたの言っている事を理解できているか確認したいのです。

May I ask you to speak slowly?

ゆっくり話していただけますか?

Could you speak slowly, please?

すみませんが、ゆっくり話してください。

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは