六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話・TOEICの上達にお役立てください。

「その単語はどんなスペルですか?」と英語でいえますか?

今日は「言葉がわからなかったとき」の英語表現を紹介します。

基本的な英単語でも、日本人にとっては聞きとりにくい言葉は多いです。ましてや専門用語になると、なかなか聞き取れない事はよくありますね。そういうとき、「何と言いましたか?」と聞きなおすのも良いですが、それでも聞き取れなかったらどうしたらよいでしょうか?

そんな時は、その言葉を知らないので、書いてもらえますか?と相手に頼んでみましょう。紙に書いてもらえれば、理解できる確率が高まります。

書いてもらえますか?

Can you write it down?

あるいはそのわからない言葉のスペルを教えてもらいましょう。そうすると書いてもらえることもあります。

その単語はどんなスペルですか?

How do you spell that word?

相手の書いたスペルが読みづらい場合には、書いてもらった文字を相手に読んでもらう方法もあります。

このように、耳だけで聞きとれないときは、文字に起こしてもらうことが大事です。少なくとも相手に、「あなたの言葉を理解したいのだ」という真剣な気持ちは充分に伝わります。それで万が一相手が答えてくれなくても、何も問題ありません。それほど重要ではない話だったということですから。大抵の場合は、答えてくれますよ。

聞き取れない、スペルが読みづらいとくれば、誰でも焦ってしまいます。それでもそこで簡単にあきらめないでください。「言葉を書いてもらう」「スペルを教えてもらう」など、一歩だけでいいので前に進んでみましょう。日本人ではやってくれないことも、海外の人ではやってくれるものです。英会話の楽しみはここにあります。

関連する例文を紹介しますので、英語表現をおぼえてお役立てください。

【例文を読む】

I do not think I know this word.

この言葉を知ってるとは思えません。

Can you write it down?

書いてもらえますか?

How do you spell that word? 

どんなスペルですか?

Could you write it here?

ここに書いてもらえますか?

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは