六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話・TOEICの上達にお役立てください。

「そうかもしれない」と英語でいえますか?

今日は、あいまいに答える英語表現をご紹介しましょう。

予定がまだ解らない時、迷っている時には、あいまいに答えておくのも一つです。

たとえば(何時に家に帰るの?)What time will you come home?と聞かれ、はっきりとわからない。という時には、(はっきりとわからないよ。)I'm not sure.を使います。

はっきりわからないよ。

I'm not sure.

たぶんね。

Maybe.

たぶん)を表現する英語には、ほかにもprobablyやperhapsがあります。probably はmaybe やperhapsに比べると可能性が高い時に使います。

maybeには次のような表現もできます。

たぶんそれはないよ。)

Maybe not.

このような英語表現を使って受け答えができるようにしておくと安心です。 あいまいに答える英語表現を幾つかおぼえて、断りづらい時、まだ予定が解らない時などにお役立てください。

【例文を読む】

That may be true.

そうかもしれないね。

It's hard to say.

何とも言えないね。

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは