六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話・TOEICの上達にお役立てください。

「恩に着るよ」と英語でいえますか?

「鶴の恩返し」などの昔話にも見られるように、日本は「恩」を大事にする社会と言われていますね。今回は、この「恩」にまつわる英語表現を紹介します。

たとえば、何か無理を聞いてもらったときなどに使う「恩に着るよは、英語では、"I'm in your debt." や、"I owe you one."と、表現できます。

また、何かをしてくれたのはいいけれど、「恩着せがましい」(patronizing)態度を取られるのは困りものですね。「そんなに恩着せがましくしないで」は、"Don't be so patronizing."と、表現できます。

また、お世話になった相手にひどい仕打ちをすることを、「恩をあだで返す」といいますが、その表現には、"bite the hand that feeds one" や、"return kindness with hostility" などがあります。

「恩」にまつわる英語表現を紹介します。

【例文を読む】

I will be forever in your debt.

ご恩は決して忘れません。

How can I repay you?

この恩を、どうお返しすればよいものか。

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは