六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話・TOEICの上達にお役立てください。

「お口にあうと良いのですが」と英語でいえますか?

「お口にあうと良いのですがは、英語では、”I hope you like it.”覚えやすい英文です。

海外の家庭に行くと、おもてなしとして、紅茶と現地ならではの独特のお菓子などを出してくれることがあります。「お口にあうと良いのですがは英語では、”I hope (that) you (will) like it.”もう少し簡単に表現すると"I hope you like it."となります。

海外の現地ならでは、独特の味の食べ物は、口にあわないことも多くあるのは仕方のないことです。その時は味の感想を正直に、驚きの表情とともに英語で伝えてみましょう。

例えば、苦い場合なら、It's bitter.  パサパサしている場合は、It's dry. 素朴な味なら、It's simple.ですね。甘いは良く使います。It's sweet. 美味しいと感じたら、It's tasty.とにっこりと伝えましょう。英語で味を伝えるのは決して難しくありません。幾つかの英語表現をおぼえてしまえば良いのです。

日本食の代表的な調味料の醤油味は海外の人にはとてもしょっぱいと感じることが多いようです。しょっぱいは、英語ではIt's salty。海外で日本食を紹介した時などには、よく耳にする英語表現です。

独特の食べ物が口にあわない場合の、あなたの驚きの表情を楽しんでくれる現地の方も多いので、心配は入りません。どうしても口にあわない独特の食べ物は、無理して美味しいと表現しないようにして大丈夫です。その変わりホームメードのお料理を頂いて美味しかった時は、(とても美味しいです。)”It's very delicious!”伝えてくださいね。

【例文を読む】

I hope you like sweets.

お菓子が口にあうと良いのですが。

It tastes very great.

とてもおいしいですね。

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは