六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】どん底から英語中級者になるためのクリームブリュレの法則

smile-625844_640.jpg

六単塾の祐樹です。こんにちはー。今日はですね、「どん底から英語中級者になるためのクリームブリュレの法則」というのをお話したいと思います。

先日、英語学習がつづかない件で、相談をうけましてね。

私、昔から英語が続かない人間で、やる気はあるんですけど、いざその時にはできないんです…」と言われるんですよね。この気持ちはわかります。英語のやる気はあるんだけど、英語の実際の行動までむすびつくほどのやる気はないという(笑)。こういう方は、実はたくさんいます。

でも。これってとてももったいないことですね。すごい機会損失です。

英語を学ぶという行動さえできれば、奇跡が起こるかもしれないのに。いや間違いなく奇跡は起こるのに。可能性が1でもあれば英語中級者になれて、上級者にもなれるのにね。行動ができないから、その人の可能性はずーっとゼロなの。もったいない。

そんなどん底状態から英語学習をはじめて、英語中級者にまでなるにはコツがあります。僕はそのコツを教えることで、多くの方を英語中級者まで引き上げてきました。そうするには、どんなコツをすればいいんだろう。

いい方法、こちらにございます。

【解決法】

英語学習のハードルを「クリームブリュレの法則」で極端に下げる。

英語がつづかない人というのはね、ある共通項があるんです。

英語をする前に、「今日は1時間分勉強しよう」とか「英単語たくさん覚えるぞ!」と、はりきっていることが多いんですよ。意識が高いんだけど、でもこれがダメなんです。

意識のハードルが高すぎる」ということなの。だからつづかないんです。もっと「ゆるくていい」のにね。

あのね、意識のハードルというのを高めることは、劇薬です。

その日は、その時はやる気が上がるかもしれないけど、モチベーションもあるかもしれないけど、次の日には効果がなくなるからね。1度経験した刺激に人間は慣れてしまうんです。

だから次の日にもやる気やモチベーションを上げるには、もっともっと高い意識のハードルを持たなければいけなくなる。つまり意識ハードルっていうのは、1度高めてしまうとどんどんインフレしていくので、すぐに破たんしてしまいますからね。英語ってだから、意識のハードルが高い人ほど続かないんです。

つまりね。

英語がつづかない人は、意識のハードルは高くするのではなく、低くしてください。もっともっとゆるくやってください。

そのためには、英語学習の単位をもっともっとちっちゃいことにすればいいんです。

たとえば机で英語学習する人なら、「机の前に座ることを英語学習」としてください。つまり机の前に座ったら、英語学習は終わっていいんですよ。ほんとにその日は終了していい。

その代わり、明日も机の前に座ることをやるの。机の前に座ることを毎日やる。ここは重要ですので注意してください。

それで机の前に座れるようになれば、次は参考書の表紙をめくるの。表紙をめくったらその日は終了する。

ちなみに、この話はスマホで英語やる人でも同じことだよ。スマホでアプリを開く、メールを見ること、それをやったらその日の英語学習は終えてください。

こうやって意識のハードルを下げて、することのハードルも下げてください。そうすると次の日も続けられます。そうすると不思議と、机の前で英語学習をするようになってくる。そういうもんなんです。

このことを僕は「クリームブリュレの法則」と呼んでいます。クリームブリュレは表面だけが固いスイーツですよね。見た目固いんですが「固いのは表面」だけ。表面さえ崩せばあとは食べやすくなりますね。

英語もおなじで、行動しにくいのは最初だけ。2歩目は勝手に行動できるようになっていますので、クリームブリュレの表面だけ崩すような意識で、英語も最初のだけ崩すようにしてください。最初だけ行動する。それであなたの英語の可能性はグンとあがるはずですから。

まとめると、英語のやる気はあるけど、行動までたどりつかない人は、英語学習をはじめるときは、机の前に座るだけでいい。それでその日は終了でいいです。あるいは参考書の表紙を開くだけでいい。それでその日は終了でいいです。

ネイティブと英語を話すなら、笑顔になるだけでいいです。話さなくていい。それでその日は終了。新しい英単語をおぼえるときは、1個だけおぼえるだけでいい。それで終了してください。

どん底状態から英語中級者になるためのクリームブリュレの法則でした。ぜひやってくださいね。

なお、この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。興味があれば読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは