六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】これで勝てる!買って損しない優良な英語教材を見極める方法

person-1030053_640.jpg



六単塾の祐樹です。今日は「買って損しない優良な英語教材を見極める方法」をお教えします。


あなたは英語教材、「人気があるから」という理由で過去に買って失敗したことはありませんか?「有名だから」という理由で、英語教材を買おうとしたことはありませんか?


英語教材を買う理由が「人気があるから」「有名だから」なら要注意。確実に損します。


実はですね、僕のところには、「これまでたくさん英語教材を買ってきて損しました」「買った英語教材、ことごとく全然身につきませんでした」という相談をしてくる方が結構おられるんですよ。


ちなみに僕は、これまでたくさんの英語教材を買ってきたんですけど、損したことって1度もないんです。いや・・・1度はあるかな。でもほとんどない。1万円以上の英語教材も累計すると30個以上は確実に買ってきてるんですけど、損したことはないんです。優良な英語教材だけを買うためのコツを知っているからね。


では、その損せずに優良な英語教材を買うためのコツとはいったいなんなのか?


いい方法、あるんです。



【解決法】

自分の足りない英語スキルを4つから選ぶ。

教材ホームページを読んで英語スキルが満たせるかチェックする。

教材価格とブランドは無視する・忘れる。




まず、英語教材を買う前に「あなたの必要な英語スキルを明確化することに時間をかける」ということを忘れないでください。これをしないと、確実にお金を損します。ホームページの販売文句にだまされて、必要のない英語教材をほいほい買っちゃって、お金をドブに捨てることになります。


ですので、「ホームページを見る前に」あなたの足りない英語スキル、ほしい英語スキルは何なのか?をきちっと明らかにしてください。ここで、お金をドブに捨てるかどうか、8割方決まっちゃいますので、ここは注意してください。


で、あなたの足りない英語スキル、ほしい英語スキルってなんだろう?


うん、スキルって言うとむずかしく聞こえちゃうかもしれませんね。けど、英語スキルというのは大きくわけると「リスニング」「リーディング」「スピーキング」「ライティング」の4つしかないんですよ。ですので、この4つのうちのどれか1つを選んでください。どのスキルがいまのあなたにとって一番ほしいのか、一番重要なのか、を決めてください。


英語スキルを選ぶ基準は、なんだっていいんです。たとえば「英語をなんとしても聞きとりたいな」という人なら、リスニング。「読むのが仕事になるから、やっぱり読むのがいいな」という人なら、リーディング。


「知り合いの外国人と英会話したいから」だったらスピーキング。「海外の彼女とチャットしたいから」という人なら、ライティングになりますね。


こうやって英語スキルを決めてから、その上で、興味ある英語教材のホームページを読んでください。


なんとなく読むんじゃダメですよ。「この英語教材は、自分に足りない英語スキルを満たしてくれるのか?ということを念頭に置きながら、ホームページを読むんです。そうしますとね、もう、その英語教材を買うべきかどうかが、瞬時に決まる。瞬時に買うべきかがわかるんです。


でね、ダメダメな英語教材の場合、ホームページもやっぱりダメなんです。何がダメかって、書いてることがダメ。見栄えはそこそこいいんだけど、書いてる文章がダメなんです。じっくり読むと、英語スキルの、4大スキルのどのスキルをこの英語教材が満たしてくれるのか?なーんて全然書いてない。なんかあやふやというか、何にも情報がない。ただただ「英語ができるようになる!瞬時に理解できる!」しか書いてないんですよね。こういう英語教材は、買ってもムダですから、もう完全に捨てです。


逆に、ホームページの見栄えは悪いけど、書いてる文章がしっかりしてたら、その英語教材は買いかもしれません。


たとえば、「この英語教材は日常英会話のリスニングに特化。アメリカでの実英会話をそのまま録音し、聞きとりやすいように会話スピードを調節。復習をこなすことで、日常英会話を理解しやすい形にします。TOEIC500点台の方におすすめ。」なんて書いてあったら、とても信頼性ありますよね。でも、もし自分に必要な英語スキルが「ライティング」だったら、この英語教材はリスニングをなんとかする教材だから、この英語教材は買わずにスルーになりますけどね。


あとはですね、価格やブランドを忘れるってことも大事です。


たとえば、5万円もする高価な英語教材より、1000円の市販の英語雑誌のほうが役立ったなんてことはよくある話ですからね。でも、高価な英語教材がダメといっているわけではないよ。あなたがいま必要な英語教材は、価格や人気ではないということ。「用途」で決まるんです。


それに、有名な英語教材だから買うっていうのが一番ダメ。なぜなら有名な英語教材っていうのは、大抵は大企業がつくっているんだよね。そして大企業っていうのは、「そこそこの平凡な内容の英語教材を、安く売って客数を稼ぎ、シェアをとる」経営戦略なんです。


つまり有名な教材=そこそこの平凡な内容の英語教材、なのです。そりゃ、効果もないわけです。


ですので、有名な英語教材が完全にダメってことではないんですけど、やっぱりそれでは問題解決できないことのほうが多いんですね。ちなみに僕は有名な教材もたくさん仕入れてますけど、やっぱり内容はそこそこです(笑)。


というわけで今回のコツを必ず頭に入れて、その通りに英語教材を買ってください。そうすれば

・人気の英語教材に手を出すクセがなくなった

・高い英語教材を面倒だから買うクセがなくなった

・必要のない教材を買って損することがなくなった

・自制心をもって英語教材を選ぶクセがついた

・英語教材が一生の宝になった

となりますよ。

なお、この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。興味があれば読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは