六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】簡単!英会話をネイティブぽい発音やイントネーションでする方法

0bd6e56174cea9fda7525b60d19c2e0e_s.jpg



六単塾の祐樹です。今日は「英会話をネイティブぽい発音やイントネーションでする方法」をお教えします。


あなたは英会話の発音に自信はありますか?


ネイティブと同じようなイントネーションで話してみたいですよね。かっこいいですよ。ネイティブぽい発音で英語を話すと、周りの人から「おっ」という反応を確かに感じることができます。では、ネイティブぽい発音やイントネーション力をあげるにはどうすればいいんだろう。


いい方法、ございます。



【解決法】

google翻訳で英会話を発音させる。

発音を何度もする。

google翻訳と同時に発音しても被るぐらいマネる。



「google翻訳」というツールがあるんです。これは英語を日本語に翻訳してくれる無料ツールなのですが、英語を入力すると発音までしてくれる優れものです(google翻訳と検索すればすぐにみつかります)。google翻訳をつかえば、かなりネイティブぽい発音をいつでも無料で聞くことができるので、発音矯正にはうってつけなのです。いちいちネイティブに頼まなくていいからね。いい時代になったものです。


ちなみに僕はgoogle翻訳ではなくて、もっと発音精度の良い海外のソフトを購入してつかっています。けど、ここまでしなくていいです。僕的にはさすがに英会話のプロなので、google翻訳の発音は物足りないというかまだまだと感じるのですけど、英会話を学ぶ段階の方はぜんぜん無料のgoogle翻訳で問題ありません。


それで英語をネイティブぽく発音するには、ネイティブぽい英会話をあなたが何度も発音することにつきます。それも「徹底的にマネる」ようにします。声の強弱からイントネーション、息をつくところまで、徹底的にマネするようにやってください。


当然、1回程度音声を聞く程度では、マネなんてできないです。何度も聞いて、聞くたびに発音して、同じ発音になるまで、納得するまで発音をくりかえしてください。


最終的には、google翻訳と同時発声して、声質・強弱・イントネーション・息継ぎ・スピードにいたるまで、完全に被っているところを目指してください。完全にコピーというか、あなたがgoogle翻訳の代わりに発音できるほど、マネてほしいんです。僕の経験では、英文の長さにもよりますけど、10回から20回ぐらいでいけるかと思います。


流れとしては以下になりますね。


【流れ】

1.ネットで話したい英会話文をみつける。1つの英文でOK。10単語以内で構成される短文を選ぶこと。

2.英会話文をコピーしてgoogle翻訳に入力。ボタンを押して発音させる。

3.音声を聞いて、同じように発音してみる。ついていけなければ、英単語を何個か削って話してみる。

4.音声を聞いて、アクセントの強弱やイントネーションまで発音をマネる。

5.音声と同時に発音して、完全に発音が被っていることを確認する。


以上の流れをやってください。そしてネイティブぽく発音できる英会話の数をふやしてください。


僕はこれまで何千人以上指導してきましたけど、この発音の単純作業をした経験がない人は、英語がうまく発音できないです。だって経験不足なので。逆にいうと、「これを徹底的にやってくださいね」と教えた人はみな、「祐樹さん!すごく発音がネイティブぽくなりました」と言うようになってます。


ちなみに英語参考書の中には発音カナがあらかじめふられているものもありますが、あまり参考にできなかったりします。著者の主観がどうしても入っちゃいますので。ネイティブぽい音声をするには、音声を聞いてマネる。英会話の発音に自信をもつことで僕の英会話はうまくなりました。実際、僕の英語塾ではそうやって英会話ができる人が増えてます。

なお、この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。興味があれば読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは