六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】これだ!誰でも成功できるストック型の英語法

boy-801182_640.jpg



六単塾の祐樹です。今日は「誰でも成功できるストック型の英語法」をお教えします。


あなたは英語学習の時間は充分にありますか?時間がないせいで、ついつい英語を後回しにしてなかったりしませんか?


確かに「いそがしい」「時間がない」のは社会人なら当たり前です。みなさんそれぞれいそがしいです。でも、その忙しい条件下でも英語を上手にのばしている人というのは少ないですが確実にいるんですよね。皆さんにもそうなってほしいんですが、そうするにはストック型の英語学習がおすすめなんです。


そこでストック型の英語法、お教えしましょう。



【解決法】

・1日数分間だけ行ない、30分以内に終了する。

・単純作業の英語学習をする。

・毎日つづける。



ストック型学習とは僕の造語です。英語の学習時間がないときこそ、ストック型の英語学習がおすすめなんですね。


ストック型英語学習では、「1日数分」だけ英語をやります。数分というのは、1分でもいいんです。


かんがえてもみてください。「1日1分だけ」ときめると、英語ってちょっとはやる気になるものですでしょ。1分っていったら、テキスト開いて英文を見るだけでも1分ぐらいすぐに経ちますよ(笑)。でも、それでいいんです。


もちろん気分が乗ってきたら、その時々の気分でどんどんやっていい。3分でもいい。10分でもいい。気分が乗ってきたら20分でもいい。でも30分以上はやってはダメですね。どれだけ英語のやる気がのってきても30分で必ずけりをつける、強制終了させるというルールでやるのです。


「1分からでいい」という条件をあえて設定することで、人ははじめて動くようになるんですね。忙しいかどうかはその後の話になります。まぁ1分だから、どんなに忙しい人でもやれるわけなんですけどね。やってみるとはじめて、「いそがしいと言っていたけど、いいわけだったんだなぁ、実はめんどうくさいからだったんだなぁ・・・」とわかるようになります(笑)。僕の経験上。


でね、1分というのは、正直いってあまりにも短い時間です。英語が1分程度、頑張って30分やったとしても、うまくなんのか?というと、相当やることを絞り切らないといけない。ムダなことは絶対にできない。だから「単純作業」の英語学習をやるんです。たとえば英単語暗記とか、英会話文暗記とか、TOEICの模擬問題集を解くとかね。とにかく単純作業に徹して、ムダなことをできるだけ省いてください。そこまでかたよっていいと思います。


その代わり、毎日やるのね。毎日1分、単純作業を、1分だけ、長くても30分だけ。これを1日3日10日30日3ヵ月1年とつづけるの。そうすると、どうなるか。


たとえば英単語暗記ばーっかりやってると、どうやっても英単語って脳に記憶されるようになるんですね。単純ペースで毎日コツコツと脳に刺激を与えているから、脳も英単語をおぼえるように教育されてくる。英単語がどんどん「貯まってくる」わけです。だから「ストック」なの。


ストック型英語学習は、クセになると止まらなくなる。かっぱえびせんみたいに(笑)。だからGoodです。ストック型の英語学習やってみたら大成功します。忙しいビジネスパーソンの方、子育て中の主婦の方は、ストック英語学習が救世主となるはずですよ。


ちなみに僕は、自分の英語力の8割はストック型の英語学習だけで得たんじゃないかなぁと思います。ストック型だけ。これが僕の英語力の源なんですよ。だからストック型の英語学習で学べる六単塾というサービスをつくったんですけど、本当に、自分のためにつくったんですけど、やっぱり良かったですね。

なお、この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。興味があれば読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは