六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】これだけはやってほしい!早く英語力をアップさせるための原理原則

girl-603157_640.jpg



六単塾の祐樹です。今日は「早く英語力をアップさせるための原理原則」をお教えします。


「早く英語を上達したいんですが良い方法はありますか?」と先日こういう相談を受けました。気持ちはわかります。僕も昔は、早く英語を上達させることばかりかんがえていました。英語は早くうまくなってみたいもんね。


では英語ってどうやれば早くうまくなるのか?というと、これが結構、謎なんです。英語学習の馬力をあげるのか、時間を増やすのか、いい英語教材を探すのか、いい先生を探すのか、記憶力をアップさせるのか・・・・考えられる可能性が多い。


でも、1つだけ「これさえ守れば」というルールがあることに気づきました。「このルール」を守れば英語は早くうまくなるんです。どうやればいいんだろう。


こうやればいいんです。



【解決法】

あえてゆっくり時間をかけて英語を学ぶ。

のんびり英語を学ぶ。

1つ1つにじわーーっと時間をかける。




あのね、僕もいろいろやったからわかったことなんですけどね。


英語というのは、焦ってやらないほうがいい。


といいますのは、英語を早く上達させようと、いろいろなことを画策すると、英語するスピードについていけないからなんです。つまり、焦っていろいろやろうとすると、英語を学んでも学んでも、英語が自分のものにならないの。


なぜなら、英語学習ノルマが増えるからなんです。だから、ついていけない人もでてくる。結局、英語を早く上達させようとすればするほど、ダメ。早くやめるから、次に再開するまでに時間がかかってしまう。


だから英語を早く上達するためのコツというのは、逆です。英語にゆっくり時間をかけることです。すると逆に、英語は早く上達する。面白いでしょ。


ゆっくり時間をかけて、1つ1つじわーっと英語を学ぶの。これが一番効率がいいんですよ。


それで1つ1つじわーっと学んでいくとどうなるか。


実力は1・2・3・4・5・6というふうには伸びません。


実力は1・2・4・6・8・11と伸びるんです。


人の脳というのはすごいものですね。自然と学んで工夫する仕組みになっているそうです。脳が勝手に、英語上達の速度を早くしてくれるんですよ。


ですからじわーっと英語をやって、脳が理解して成長するスピードに合わせるぐらい、ゆっくりでもじっくりとやってほしい。あれこれやらずにね。子どもに言い聞かせるときは、ゆっくりじっくり教えるでしょう?何度も教えるでしょう?そういう感覚でやるの。


そうすると脳が勝手に学んで、「これはおぼえておこう」と学習してくれるから、日々効率がよくなるの。だから早く英語上達したいなら、ノルマを増やさなくていい。いろいろ苦労する必要はないんです。


あえてゆっくり時間をかけていく。英語をじわーっとやっていけばいい。そうすれば脳が勝手に英語上達を早くしてくれますから。僕は自然とゆっくりと、のんびり英語をやっていたんです。それが逆によかったみたいですね。

なお、この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。興味があれば読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは