六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】基本です!社会人のためのこれだけはやってほしい英語学習

friendship-824253_640.jpg


六単塾の祐樹です。今日は「社会人のためのこれだけはやってほしい英語学習」をお教えします。


社会人で英語に興味あるあなたは、どういった英語学習をやっていますか?


なにもやっていない?うん、それはそれでいいです(笑)。ムダなことをやっていない。これからやればいいわけだ。そこでそういう社会人の方のために、基本中の基本、英語学習でこれだけやってほしいということをお教えしましょう。


それは、これなんです。



【解決法】

「●●は英語で何という?」という問いに答えることに集中する。



つまり、「日本語⇒英語」に答えることがだいじなんだね。「英語⇒日本語」ではないんですよ。「日本語⇒英語」にするトレーニングが必要なんです。


そうすると、どういう効果があるか?


まず、日本語で言いたいことが英語で言えるようになりますね。つまり「英語を話しかける力=スピーキング力」が伸びるのだ。


そして「自分で話せた英語」は、聞くことができる。人は、口にだせる言葉でないと耳で理解できないものですから。つまりリスニング力も伸びるわけです。スピーキング力が伸びれば、リスニング力も比例して伸びるのは、間違いないです。


「日本語⇒英語」のトレーニングをすれば、「スピーキング」も「リスニング」も伸びる。つまり、英会話力そのものが伸びるのだ。基本中の基本と言った意味がわかるでしょう?


そしてリスニング力が伸びるということは、TOEICや英検のリスニングスコアが伸びる。リスニングのスコアは試験の半分にもなりますから、ここで大きくスコアを稼げます。これはこれで大きいですよね。TOIECの模擬試験をやるのもいいけど、どうせだったらTOEICの問題集にでてくる英文を対象に、「英語で○○はなんという?」という問題集をつくるほうがいいかもしれません。僕はそうやってきました。



ところで日本の方は、学校では「英語⇒日本語」にする勉強ばかりやってきたと思います。逆のことはやっていない。それは、学校教育が受験を前提にしているためなんです。そうしないと点数換算ができない仕組みになっていますから。


だから「日本語⇒英語」をトレーニングする機会は、学生時代にはなかった。「英語⇒日本語」のトレーニングだけだった。でも学生の頃はそれでよかったんですよ。学校や受験では、「英語⇒日本語」にすることしか求められていませんから。


でも、社会人になったら逆なんです。社会人になったら、いままでやってこなかった「日本語⇒英語」のトレーニングをしないといけないのです。なぜなら、社会人が英語をしたい要望の圧倒的なことって、「英語を話したい」なんです。それは、従来の勉強ではできないことは、日本の勉強をやってきた社会人ならみな知っているんです。


あれほど受験勉強してきたのに、英語が話せないことに憤りを感じている日本の方は多いと思います。でも、みなさん、自分のせいだと思っていますがとんでもないですよ。真の英会話教育を学生時代に受けてこなかったから、英語が話せないだけなんです。みなさんのせいではないんです。はっきりいって教育のせいなんです。でももともと日本の教育システムは、受験制度がある以上、英語を話すことを前提にはできませんから、それはしょうがない。


要は、僕たち次第です。社会人になった僕たちが「日本語⇒英語」のトレーニングをするかしないか。それで英語が話せるかどうか、全てが決まるのです。

なお、この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。興味があれば読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは